デジタルパーマの手入れの方法

デジタルパーマが人気の理由の一つとして、やはりその手入れの簡単さが挙げられます。

デジタルパーマをかけた人の中には夜の入浴後に髪の毛を乾かしてしまい、朝はそのまま何もせずに出かけてしまうという方もいらっしゃいます。

形状記憶パーマという別名の通り、一度髪型を作ってしまえば、それが長時間キープされるのですね。

普通のパーマでは一度髪を濡らさなければウェーブが出てこないため、整髪料などは必ず使用しなければなりません。

それでもスタイリングなどは比較的簡単にはなるのですが、デジタルパーマほどではありません。

またデジタルパーマの持続期間が一般的に4~6ヶ月程度とされていますが、毎日の手入れ次第ではその時間も長くすることができます。

パーマを少しでも長持ちさせたいと言う方は、以下の手入れの方法を定期的にしっかり行うようにしましょう。


【デジタルパーマ手入れの方法】

  • デジタルパーマを当てた日はシャンプーをしない。
  • 洗い流さないタイプのトリートメントを使う。
  • 毎晩入浴後にしっかり髪を乾燥させる。


このページの先頭へ