デジタルパーマの乾かし方

デジタルパーマは普通のパーマとは違い、髪が濡れたときでなく髪が乾いたときにパーマが再現されてきます。

そのため髪を濡らしたままで寝たりしてしまうと髪がつぶされた状態のまま乾いてしまうことになり、朝起きると中途半端に伸びきった髪になってしまうこともあります。

それでも朝にシャワーを浴びて髪を濡らし、そこからしっかりとドライヤーなどを使用して乾かす時間があれば良いのですが、それでは朝起きてそのまま出かけることのできるデジタルパーマの利点を一つつぶしてしまうことになります。

ですのでちょっと面倒かもしれませんが、夜にシャワーやお風呂に入った後などにはしっかりと髪を乾かして、パーマスタイルを楽しむようにしましょう。

髪の乾かし方

デジタルパーマをかけた場合には髪の乾かし方にもちょっとだけ工夫が必要になってきます。

ただただ髪を乾かすだけだと、いくらデジタルパーマをかけていたとしてもはっきりとしたカールを出すことはできません。

そこである程度髪全体をドライヤーで乾かしたあとには、パーマをかけた部分をパーマがかかっている通りに指で巻いたり、手で握りながら乾かすようにします。

こうやって髪を乾かすことによってしっかりとカールを出すことができるんですね。

そして綺麗な内巻きや外巻きではなく、もっとラフで無造作な髪型にしたいという場合は、髪全体を片方の手で揉みながら乾かしていくようにします。

こうすることによって髪全体にボリュームが出るようになります。

デジタルパーマを初めてかけたような人は最初はこのような乾かし方に中々慣れないかもしれませんが、どうしても毎日することですので必ず自然に慣れるようになります。

そのうえでまた自分のやり方のようなものも出てくると思いますので、自分なりのデジタルパーマのヘアスタイルを楽しんでみましょう。



このページの先頭へ