デジタルパーマのもちを良くする方法

デジタルパーマは普通のパーマと比べるとその1.5倍から2倍程度そのもちが長続きすると言われています。
実際に私もデジタルパーマをかけて実は1年程度経っているのですが、それでもまだ髪のカールは残っているんですよ。

やはりせっかくかけたデジタルパーマだったらちょっとでも長持ちさせたいと考える方も多いと思いますので、私が美容師さんに教わったデジタルパーマのもちを良くする方法をご紹介しておきます。

【デジタルパーマのもちを良くする方法】

  • トリートメントを毎日、もしくはしっかりと継続的につけてあげる。
  • 髪を重くしてカールを落とさないためにも2ヶ月に1回は毛先をカットをする。(切りすぎには注意!)
  • ブラッシングは目の粗いもので行う。

たったこれだけのことですが、このことをしっかりすると本当にデジタルパーマは長持ちさせることができます。

しかしこれも個人差がありますので、人によっては1週間経たないうちにパーマがとれてしまったという方もいますし、何もしないにも関わらず半年以上もったと言う方も中にはいます。

しかしどんな人でも上記のパーマをキープする方法は通じるものですので、是非お気に入りのヘアスタイルを作れた人はこの方法でしっかりと長い間パーマをキープしちゃいましょう。



このページの先頭へ