デジタルパーマのヘアカタログ

デジタルパーマと言っても、できるヘアスタイルやヘアアレンジは普通のパーマでできるものとそこまで変わりません。

巻き髪や髪の一部にボリュームを出すことなど、普通のパーマと同様デジタルパーマをかけることによって様々なヘアスタイルを楽しむことができます。

デジタルパーマと普通のパーマとの違いとして一般に縮毛矯正などを行った人は普通のパーマはかけづらいとされているのですが、、デジタルパーマでは縮毛矯正をした人でも、ちょっとした動きをつけることは可能なため、縮毛矯正を行った方にとっては最適なものとなっています。

それに、髪の毛が濡れるとパーマが色濃くでる普通のパーマに対して、デジタルパーマは濡れたときにパーマが落ち、乾かすことによってパーマが色濃く出てきます。

そのことから何かと忙しい朝などにも手軽に手ぐしでヘアスタイルを整えることができますので、女性を中心に人気も高くなっており、
またこういった特色から、デジタルパーマは形状記憶パーマとも呼ばれます。

デジタルパーマといういう名前から何か最新鋭の技術を使った特殊なパーマというイメージを持っている方も多いようですが、特にそういった特別なことはなく、デジタルパーマはこてなどを使う昔からあるような技術のものです。

ご存知の方はご存知かもしれませんが、パンチパーマをあてているところを見たことがあるのであれば、その技術をイメージすると分かりやすいかもしれません。

ただ昔からある技術はいえ、こてやアイロンを使ったパーマ技術というものは非常に経験を必要とするものです。

そしてその技術をある程度誰にでもできるよう簡単にしようと開発されたものがデジタルパーマです。

そんなデジタルパーマをかけてみて、是非様々なヘアスタイルを楽しんでみてください。



このページの先頭へ