毛染めの方法とコツ

髪の毛を明るい茶色にしたり、金髪にしたり、または白髪染めだったりいわゆる毛染めを行う方も多いと思います。

薬局などに行くと毛染めのための薬品が所狭しと並んでいますので、毛染めを自分で行っているという方も中にはいると思いますが、これが中々難しいものなんですよね。

髪全体を染めたいのに、どうしてもムラができてしまったり、思い通りの色に染まらなかったり。

またあまりに綺麗に染めたいばかりに薬品を使いすぎて、髪の毛や頭皮を痛めてしまったなんてこともよく聞かれることですね。

薬局に売られているような毛染めはブリーチはヘアカラーなど様々なものが置いてありますので、それらの違いがよく分からないという方も多いかもしれません。

ブリーチとは髪の毛の色素を無理矢理抜いてしまって髪の色を変えてしまうといもの。
そしてヘアカラーやヘアマニキュアと呼ばれるものは、今ある自分の髪の色の上から色を塗っていくというものです。

ブリーチの方が髪が傷みやすいとはよく言われることですが、決してどちらも髪に良いということはありません。

最近では「ヘナ」など髪に優しいといわれる成分の毛染めもありますので、それらを利用するのも良いですね。

しかししっかりとその薬品の用法を読んでしっかりそれを守りさえすれば、そこまで髪がひどいことになるということはないでしょう。

また自分で毛染めをしてしまうと、どうしても横や後ろなど、自分の目では見にくい場所などはムラなどができやすくなっているので、誰か他の人に手伝ってもらえるようならば、そうした方が良いでしょう。

もちろん一番良いのは美容院などで毛染めはしてもらうということです。

美容院などで使用する毛染めの薬品などは市販のものよりも髪の毛に優しいものを使用していますし、様々な色の配合なども行っているので、自分では決して出せないようなヘアカラーをしてくれることもあります。

時間とちょっとしたお金の余裕があるのであれば、毛染めはプロに任せてみてはいかがでしょうか。


このページの先頭へ