妊娠中のヘアカラーは止めた方が良い?

市販のヘアカラー剤などを買うと必ずと言っていいほど注意書きのところに妊娠中のヘアカラーの使用を控えるように書かれています。

そんなことも知らずに妊娠中でもカラーリングをしてしまっているという方ももしかしたら少なくないかもしれませんが、やはりこういった注意書きにはしっかりと従った方が良いでしょう。

ヘアカラー剤を販売している会社によると、妊娠中はホルモンの関係で肌が敏感になっており、思わぬアレルギーなどを引き起こしてしまう可能性が高くなることから、妊娠中のヘアカラーは良くないとされています。

もちろんこれは全ての人になるものかと言えば決してそういったことではないので、「別に妊娠中にヘアカラーしたけど何もなかったよ。」という人は私の周りにも多くいらっしゃいます。

女性にとってはヘアカラーなどのお洒落は大事なことですので、いくら妊娠中とは言えやはり髪の毛を染めたいという気持ちは分かります。

私自身ももしかしたら我慢はできないかもしれません。

しかし企業がわざわざ注意書きに書くということは、間違いなくそうなる可能性は高くなるということですので、変な後悔をしないためにも妊娠中のヘアカラーは避けるべきでしょう。


このページの先頭へ